【就活生必見】CADオペレーターってどんな仕事?

2017年7月16日

どうもこんにちわ。キエです。

 

今回は「CADオペレーター」の仕事をご紹介!!

 

「CAD」と書いて「キャド」と読む。

 

何の略かって?

聞いて驚け!!

 

CADの~?

C!!

「ちょっとだけ」

A!!

「あなたに贈る」

D!!

「どじょう鍋」

 

……たぶんチガウ。

 

「CAD」は「Computer Aided Design」の略でした。

 

てなわけでそろそろ本題へ突入。

 

【就活生必見】CADオペレーターってどんな仕事?

 

CADオペレーターとは?

CADは、Computer Aided Designの略で、コンピュータを使ってデザイン(作図・設計)をすることを言います。そしてCADオペレーターは、CADソフトを使って様々な図面を作成する職種のことを言います。CADソフトは業種、会社によって様々なものを使っていて、代表的なものでは「AutoCAD」「Vectorworks」「JW CAD」などのソフトがあります。

(参考:CADオペレータはどんな仕事をするの?❘ボムスbyバイトル編集部)

 

CADオペレーターの仕事

設計図を書く「手伝い」をするのがCADオペレーターです。

 

建物や乗り物、電機設備などを作る際には「設計図」を作成します。

しかし、「設計者」が専門知識をもとに図面を作っても、

プロジェクトが進むにつれてそれを変更する必要が出てくる場合があります。

そこでCADオペレーターが設計者に代わって図面の修正・調整を行います。

CADオペレーターになるには

基本的には学歴などは不問としている企業が多いようです。

関連資格はもっていれば有利ですが、絶対に必要というわけではありません。

 

CADオペレーターは建築業をはじめ、自動車メーカー、アパレルメーカーなど

さまざまな業界で活躍することができます。

 

設計図のおおもとは設計者が作るため、

該当業界の高度な知識は必要ない場合が多いですが、

そもそもCADに触れた経験のないかたはやはりなるのが難しいです。

 

能力面ではコミュニケーション力が重要視されます。

図面の修正などを行う際、設計者との的確なやりとりが求められるためです。

 

一日中PCと睨めっこになるような仕事であるため、

地道な作業が苦手というかたにはあまり向かない職業かもしれません。

 

CADオペレーターの待遇

専門職で多種多様な業界に携われるため、経験や勤務先によって開きがあります。

 

年収については平均300~400万円程度ですが、500万円以上稼ぐかたもいます。

資格手当を取り入れている企業もあり、

建築系の会社だと「建築CAD検定」が推奨されている場合が多いようです。

 

勤務時間などについては、CADオペレーター全体として、

休日返上で働くようなことはあまりないようです。

しかし、業界によっては繁忙期があるため、残業を余儀なくされてしまう場合もあります。

 

 

いかがだったでしょうか。

 

CADオペレーターは持っているスキルによって

様々な業種・仕事に挑戦できる面白味があります。

 

興味をもったかたはぜひ募集している企業を調べてみてください。

 

それではみなさんの就職活動を心より応援しております!

 

 

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!