就活のコツ!

【面接対策】「最近気になるニュース」を聞かれたときの対処法

投稿日:2018年5月23日 更新日:

ちょりぃ~~っす!リスねぇです。

新しい傘が欲しい今日このごろ…☔。

いい加減ビニール傘もちょっと、って感じじゃないですか?

ちゃんとした布製の可愛い傘欲しいよね!!

※以前書いた雨の日の記事はこちら リスねぇが教える!雨の日の就活マナー!!

 

 

さて、今日は面接で「最近気になるニュース」を聞かれた時にスマートに答えられるようになる対処法を記事にしてみます。

時事ネタってけっこう難しいですよね…

なのでどうやってテーマを選んだら良いのか、面接官受けする答え方なんかについて

書いてみたいと思います。

 

 

答えるべきニューステーマの選び方

面接をする側からしたら、あなたが日頃から社会情勢や、志望する業界の動向について

しっかりと情報収集や、アンテナを張って気にしているか、などを知りたいと考えています。

 

社会人の最低限のマナーとしての最新ニュースをチェックできているかも確認しつつ、

業界への関心度を確認することでそれくらいその企業への就業の意思が高いかを測っています。

 

オススメは、応募している企業に関わるような業界ニュース。

仕事に直結する話題で、志望する企業への興味や関心をアピールすることができ好印象👌✨

 

例)運輸業界を志望している場合 → ネット通販の市場拡大に伴い、宅配ドライバーが不足しているという問題など

やはりタイムリーな話題のほうが、リアルタイムでチェックしていることをアピール出来ますよね。

ただし、中途半端な知識をひけらかしたり、評論のようなことをしたりするのはNG。

あくまで”自分が知っている範囲”で話しましょう。

無理して難しいことを言おうとしても、面接官はその道のプロなので見破られてしまいますよ。

 

 

NGなニューステーマ

政治に関する問題は避けたほうが良いです。

面接官の方にも個々の考えや思想がありますので、それを否定することになりかねません。

また、宗教や、社会ニュース(テロや震災関連など)も同じような理由でオススメ出来ません。

あまりポジティブな話題でもありませんし、ネガティブな印象を与えてしまう可能性が高いです。

 

 

ニュースのチェックは毎日しよう

面接の質問って、実は事前に準備しておくことが出来るものが多いですよね!

「最近の気になるニュース」についても、日頃からニュースをチェックして、

自分の意見を用意しておけば、スムーズに答えられるますし、

この人は自分から志望業界のニュースをチェックできる人なんだな、と面接官に好印象!!

 

また、面接の前だけでなく、普段からニュースのチェックしておくと、先輩や、上司の方とも普段の会話も弾むようになりますよ。

若い方は新聞を取る習慣があまりないかもしれませんが、まだ毎日新聞を読む習慣のある方もいっぱいいます。

そういった方たちとの会話もスムーズにできるようになるので、スマホでニュースサイトを毎日チェックするだけでもしてみてくださいね^^

 

なお、就職BASEでは面接対策も行っていますので、

もし自分の面接の準備に不安があるようであれば是非ご相談ください♪

ご相談はこちらからどうぞ٩(๑òωó๑)۶→ 就職相談

遠慮なくご相談してくださいね!

 

 

書いた人:リスねぇ


マイナビ2019

 

 

 

-就活のコツ!
-, ,

執筆者:risu

関連記事

リスねぇが教える!コミケ参加で就活!!

ちょりっす…。 ↑の画像は実際の私のiPhoneのスクショです。リアルです。マジで怖い。 というわけで今日はコミケ当日ですがみなさんいかがお過ごしでしょうか。 私は元気です!!!!(今回は3日目参戦予 …

就活生も求人企業も顧客目線を持つのだっ!

どうも、おのもんです。   先日の記事↓ 就活中のみなさんも参考になるかも?オススメKindle本 こちらでも書きましたが、 「 敵を知り己を知れば百戦危うからず 」 です。 ※画像に意味は …

【企業訪問記】ICDさんに突撃取材!!(前編)【IT業界】

オッス!! オラ、キエ!!!   いきなりしゅうべえ1号に呼び出されて、ギロッポンに行ってみたら、 そこにはリスねぇとメガネ氏の姿が……   (しゅうべえ1号)「これからICDさん …

転職するにも、最適な時期があるってご存知でしたか?

  60度目まして。   ホラー映画が苦手なくせに、貞子VS伽倻子を観に行ってきました。   なんかね、色々突っ込みどころ満載すぎて、色んな意味ですごかったです。 &nb …

ビジネスマナーを身に付けて就活に挑む!

  仕事では多くの方と接していきます。 利害関係が様々にある関係者と様々なやりとりをしなければなりません。 特に営業職等は常に多くの方と接していくのでビジネスマナーは大変重要な事となります。 …