【18卒必見】梅雨でも安心! スーツが濡れてしまったときの対処法!!

2017年6月13日

どうも、キエです。

 

6月7日、梅雨入り宣言がありました。

なんだか蒸し暑い季節になってきましたねぇ……。

 

この時期の就活にありがちなこと。

 

「突然雨が…! でも折りたたみ傘持ってますう!! 余裕ですう!!!」

~企業説明会に到着…~

「ワオ!! 靴とスーツのすそがグッチョグチョ!!!」

 

めちゃ悲しい……。

 

風が強いとスーツ自体も

ビッチョビチョになっちゃいます。

 

突然の雨なら企業のかたも

理解してくれるかもしれませんが、

問題はその後です。

 

「あれ、濡れたまま放置してたらスーツがなんか臭い……?」

 

というわけで今回はこちら!!!

 

【18卒必見】梅雨でも安心! スーツが濡れてしまったときの対処法!!

 

 

濡れてしまったスーツの手入れ!

当たり前ですが、まずは水気を拭いて乾かしましょう。

ここで注意点なのは天日干しをしないことです。

 

スーツの素材は太陽光に弱く、

変色の原因になります。

 

また、すそに泥はねしてしまった場合には、

無理に拭き取らないようにしてください。

 

乾かしておけば、

泥が固まってはがれやすくなるので、

一度放置しておきましょう。

 

革靴が濡れてしまった場合も

革製品は日光に弱いので、

天日干しをしてはいけないのは同様です。

 

型崩れしないようにシューキーパーを入れておきましょう。

なかでも木製のものは湿気を吸い取ってくれるためおススメです。

 

スーツが濡れてしまわないための対策!

雨の日対策として有効なのは撥水スプレーをかけておくことです。

 

靴はわかるけどスーツも?

 

実は衣服向けの撥水スプレーというのが存在します。

素材によって使えるものと使えないものがありますが、

スーツ以外にも使えて便利なので試してみてください。

 

また、スーツの場合にはクリーニング店で撥水加工をしてもらえます。

 

どうしても雨に濡れてしまうと、

スーツは本来の動物性の臭いがしてきてしまいます。

 

雑菌の繁殖も臭いの原因となってしまいますので、

今後顔を合わせる企業のかたに嫌な印象を与えないためにも

こういった対策を行いましょう。

 

最近はスーツと靴それぞれ撥水加工がしてあるものが販売されています。

 

雨の日体験談

「カバンが濡れて履歴書がびちょびちょになってる!!!!」

 

キエがかつて就活生だったころ、

こんなことがありました。

 

そんなときにキエは泣きべそかきかけたのですが、

友達に相談したらこんな助け舟を出してくれました。

 

「USB持ってるならコンビニでプリントすればよくない?」

 

それや!!!

 

雨の日ということで、

もちろん濡れないための対策も重要ですが、

こういった場合の対処法も用意しておくと

いざというときに助かります。

 

「雨の日はPDFデータの入ったUSBを持ち歩く」

 

意外と盲点かもしれませんが、

キエの個人的おススメです。

※ただし、濡れたら壊れるので、小さい袋などに入れておきましょう。

 

 

いかがだったでしょうか。

 

雨の日は地面が滑りやすくなっています。

革靴だと特に危険なので、この時期はお気を付けください!

 

それではみなさんの就職活動を心より応援しております!!

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!