【元気爆発】ビタミンを制する者は就活を制す!?【18卒必見】

2017年5月22日

キェェェエエエエエエエエエイッッ!!

キエだぜぇぇぇえええええええええッッ!!

 

就職活動を頑張るために何が必要かッッ!!!

 

そうッッ!! それは「元気」ッッ!!

つまりは「エネルギー」ッッ!!

 

エネルギーがあればツラい場面も乗り越えられるッッ!!

 

米だッッ!! 大量の米を持ってこいッッ!!

 

ではいただきますッッ!!

 

……モシャモシャ

 

……うーん。

なんかそんなに元気がでない気がするなぁ。

 

(-ノ□д□-)ソレハ  ビタミンガ フソクシテイルカラジャ

 

ハッ…!!

あなたはもしやビタミン博士!!

 

なるほどそうだったのか…

これはビタミンについて調べる必要があるようだぜ。

 

じゃあ今回は

 

【元気爆発】ビタミンを制する者は就活を制す!?【18卒必見】

 

さっそく行くぜーッッ!!

 

 

ビタミンとは?

ビタミンというと、

元気を出すための栄養素というイメージが強いかたも多いでしょう。

 

実際、ビタミンの「ビタ」というのは「VITA」、

「生命」や「活力」を意味する言葉から来ています。

 

ちなみにキエの「キ」は

樹木希林さんの「キ」です。

(どれのことだかあててごらんなさい)

 

三大栄養素といえば、

「糖質」「タンパク質」「脂質」ですが、

それと並んで、人が生きていくために必須となる栄養素がビタミンです。

 

体の中でビタミンは三大栄養素の代謝を助ける働きをしています。

 

ミネラルと同じ微量栄養素と呼ばれ、

それ単体ではエネルギーを作り出せるわけではないのですが、

エネルギーなどを作り出したりするうえで、

それをよりスムーズにするのに役立っています。

 

ビタミンの種類

ビタミンには大きく分けて13種類が存在します。

 

そこからさらに、その溶性の特徴から

「水溶性ビタミン」と「脂溶性ビタミン」に分けることができます。

 

・水溶性ビタミン

→ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)、ビタミンC

・脂溶性ビタミン

→ビタミンA、D、E、K

 

そのままですが、水に溶けやすいものが水溶性ビタミン、

水にほとんど溶けないものが脂溶性ビタミンです。

 

なぜ、このようなグループ分けがされているかというと、

それぞれ摂取の特徴が異なるためです

 

水に溶けやすい水溶性ビタミンは、大量に摂取してしまっても、

余分なものは尿と一緒に排泄されてしまうので、

過剰摂取の心配はありません。

 

むしろ、保存法や料理法によっては壊れてしまうことがあり、

不足しがちになります

 

脂溶性ビタミンは大量に摂取すると体内に蓄積され、

過剰症を起こす恐れがあります。

 

通常食品からとっている量であれば心配いりませんが、

それでも注意が必要です。

 

各ビタミンの効果・効能

13種類のビタミンで主な効能だと言われているものと

それが摂取できる食品を記載していきます。

 

■水溶性ビタミン

・ビタミンB1

→疲労回復を早め、糖質の分解を補助する。

豚肉、内臓類、ピーナッツ、大豆、うなぎなど

・ビタミンB2

→肌を健康に保ち、皮膚が脂っぽくなるのを抑える。脂質の分解を助ける。

内臓類、シジミ、納豆、さば、牛乳など

・ビタミンB6

→中枢神経の働きを正常に保つ。タンパク質、脂質の分解を助ける。

いわし、内臓類、大豆、さけ、くるみ、バナナなど

・ビタミンB12

→赤血球の生成を助ける。また、腰痛&肩こりを緩和する。

内臓類、かき、にしん、さば、卵、チーズなど

・ナイアシン

→二日酔いを予防・緩和し、三大栄養素の分解を助ける。

かつお、ピーナッツ、まぐろ、内臓類、さばなど

・パントテン酸

→ストレスへの抵抗力を高め、ビタミンCの働きを助ける。

内臓類、そらまめ、ピーナッツ、大豆、グリーンピースなど

・ビオチン

→アトピー性皮膚炎を緩和し、肌や髪を健康に保つ。

内臓類、たまご、大豆、えんどう豆、ピーナッツなど

・葉酸

→胎児の先天性発育不全を予防し、赤血球の生成を助ける。

内臓類、ほうれんそう、大豆、エビ、いんげん豆など

・ビタミンC

→コラーゲンの生成を助け、ハリのある肌を保つ。活性酸素を除去する。

ブロッコリー、いちご、レモン、とうがらし、ピーマンなど

 

■脂溶性ビタミン

・ビタミンA

→目の潤いを保つ。活性酸素を除去する。

内臓類、ウナギ、にんじん、バター、ほうれんそうなど

・ビタミンD

→カルシウムの吸収を助ける。筋肉の痙攣などを防ぐ。

まぐろ、いわし、かつお、バター、卵黄など

・ビタミンE

→血液をサラサラにする。活性酸素を除去する。

アーモンド、大豆、ピーナッツ、マーガリン、うなぎなど

・ビタミンK

→出欠時に血を早く止める。骨の石灰化を助ける。

納豆、ほうれんそう、キャベツ、牛乳、トマトなど

 

以上です。

 

繰り返すようですが、注意していただきたいのは

ビタミンは単体ではなく他の栄養素の補助として役立つもの。

 

くれぐれもバランスのいい食事を気にかけるようにしましょう。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

日々の就活を頑張るためには

栄養管理も重要!!

 

ビタミンを摂って

バランスのいい食事を心がけましょう。

 

そうすれば明日の面接も

絶好調で乗り切れること請け合いです!

 

ビタミンを制する者は就活を制す!

 

ではみなさんの就職活動を応援しております!!

 

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!