【18卒必見】周囲と差をつけるスーツの着こなし方、教えちゃいます!【身だしなみ】

2017年4月22日

みなさん、おハードボイルド!(←おはようございます、と言いたい)

 

違いがわかるオトナことダンディズム・キエでございます

 

就活生のみなさん、スーツにはもう着慣れましたか??

 

皆さんはおそらく就活用の参考書を買うなどして

スーツの着方を学んでいることでしょう。

 

「スーツはリクルートスーツじゃないといけない!」

 

だとか

 

「ジャケットのボタンは一番上だけを止める!」

 

だとか

 

しかぁああし!

せっかくなら周りと差をつけたいと思うのが人間のサガ!

 

社会人になってからも使える知識をあなたに!

 

というわけで参りましょー!

 

周囲と差をつけるスーツの着こなし方、教えちゃいます!

 

 

ネクタイのディンプル

ネクタイを選ぶうえで「明るい色がいいかな」と

考える方は多いと思いますが、そのこだわりにプラスα!

 

ネクタイを着用する際、

ディンプルをつけて立体感を演出しましょう

 

ネクタイの幅が広い側を大剣という言い方をしますが、

ネクタイの結び目から大剣が出ているところにつける

くぼみを「ディンプル」と言います。

 

これがないとネクタイが平面的な印象になり、

あまり格好良くありません。

 

ディンプルを付けるには、ネクタイの結び初めに

小剣の大剣と交差する部分を谷折りしておくと良いです。

 

 

ネクタイピンの位置

もしかすると就活生の方にはネクタイピンを持っていない方も

いらっしゃるかもしれません。

 

必ず着けなければならないものではありませんが、

フォーマルなものを持っているのであれば

ぜひ着けてみましょう。

 

このネクタイピンでよくある疑問が

「どの位置に着ければいいの?」

というもの。

 

基本的には

「ジャケットのボタンの少し上の見える位置」

に着けるのが正解です。

 

ネクタイの大剣、小剣、シャツを挟むようにして

着用しましょう。

 

ジャケットを脱ぐ際などは、

ネクタイがヒラヒラしてしまわないよう、

そこから下の位置に着けてしまって構いません。

 

ジャケットのフラップ

ジャケットのポケットにふたのようなものが

ついていますよね?

 

あのふたを「フラップ」といいます。

 

「邪魔だなコレ…」と仕舞ってしまう方、

もしかするといらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

基本的にフラップは出しておくのが正解です

 

ただ、フラップは本来雨除けの意味合いでつけられたものです。

そのため、屋内にいるときなどは出しても出さなくてもいいのだとか。

 

 

ジャケットのボタン

ジャケットのボタンのつけ方、ご存知ですか?

 

これはもしかすると知っている方も多いと思います。

 

基本的に二つボタンの場合、上のボタンだけをつけるのが、

正しいジャケットの着方です。

 

三つボタンの場合は、一番下のボタンを外します。

 

では、この知識にプラスα!

 

イスに座るときは、ジャケットのボタンは外しましょう。

 

 

イスに座ると、ジャケットにしわができてしまうため、

ボタンを外すしたほうが綺麗に見えるのだとか。

(以上)

 

 

いかがだったでしょうか。

 

面接でイスに座る際に、ジャケットのボタンさらっと外せば

 

「こいつ、デキる…!」

 

と面接官に思わせられるかもしれません。

 

では、この「周囲と差をつけるスーツの着方」を

ぜひ役立ててみてください!!

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!