【18卒必見】面接官を手玉にとる心理学、調べてみた!!【面接対策】

2017年4月17日

きぇーっきぇっきぇっきぇ~~

やあ、どうも。メンタリストのキエでございます~。

 

みなさん、人の心、操ってますか~?

 

心理学を知れば、面接官の心も掴めること、まちがいなし!!

 

では、早速いきましょー!

 

面接官を手玉にとる心理学、調べてみた!!

 

 

ハロー効果

ある人を見る時に強い特徴に引きずられて

他の特徴が歪められる現象のこと。

 

たとえば、その人がスポーツに優れていたとき、

人格面においても優れていると思われるケースがある。

 

(面接への生かし方)

「なんでも出来ます!」

というアピールをするよりも

「この分野でずば抜けた成績を残しています!」

というアピールをする。

 

ミラーリング

好意のある相手の仕草や動作を

無意識で真似てしまうこと。

反対に、自分と同様の仕草や動作を行う相手に

対して好感を抱きやすくなる効果。

 

(面接への生かし方)

面接官が体を乗り出していたら、こちらも乗り出す。

笑いかけてもらったら同じように笑い返す。などなど

 

宣言効果

ある目標を達成するのにあらかじめ目標を

周囲に宣言してしまうと達成率が上がる現象。

 

・宣言することによって後に引けなくなること

・何度も宣言することによってその夢が現実のことであるように脳が錯覚すること

 

が効果につながっていると考えられる。

 

(面接への生かし方)

面接に行く前に家族や友達に対して

「今回の面接では絶対に噛まない!」

「今回の面接では絶対に面接官の記憶に残る!」

といった宣言をする。

(以上)

いかがだったでしょうか。

面接官も人間です。

その心を操ることができれば、選考通過も間違いなし!!

では、みなさんの就職活動を応援しております!

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!