就活のコツ!

【18卒必見】「あっ」と目を引く備考欄、考えてみた!【履歴書】

投稿日:2017年4月14日 更新日:

おはようございます。こんにちわ。そして、こんばんわ。

 

花粉症対策としてずっとマスクしてたら花粉舞って

なさそうな日までマスクを手放せなくなったっていう

かなんていうかこうマスクに包まれている安心感がた

まらないというか包容力があるって言うかなんかもう

マスクがないだけで手が震えるっていうか僕の人生に

なくてはならないものというか健やかなる時も病める

時も喜びの時も悲しみの時も一緒にいたいっていうか

最後はマスクに看取ってもらいたいというかむしろ一

緒の墓に入りたいっていう感じ。そんな感じ。

 

というわけで、マスク依存症のキエです。

好きなメロンはマスクメロン

好きな超人はロビンマスクです。

 

春ですね。マスクの季節であり、そして、

履歴書の季節でもあります(やや強引な導入)

 

就職BASEでは何度か

履歴書の備考欄

について取り上げたことがございます。

 

 

・備考欄で差をつけろ!内定への近道は備考欄にあった!

 

・これでクリア!!履歴書の備考欄の書き方!

 

 

空欄にしがちな履歴書の備考欄ですが、

企業の採用担当の方からすれば、

やはり白い部分があるというのは

あまりいい気持じゃありません。

 

というわけで今回は私キエが皆さんにご提案。

 

「あっ」と目を引く備考欄、考えてみた!

 

まずは堅実に……

備考欄とは「参考として付け加えたいことを書く欄」です。

希望の勤務地などを書くなどの必要がないのであれば

 

一言、

「御社を第一志望にしております」

と書くのはいかがでしょうか。

 

採用担当も

「この方を採用すれば、確実に来ていただけるんだな」

と、興味をもつかもしれません。

 

面接で広がる

なにか特技や趣味、スキルについて書いてみても

いいのではないでしょうか。

 

直接やっていたことを書くのではなく、

エピソードを書くとより良いです。

 

例えば、「高校で野球をやっていました」と書くよりも、

「高校の野球部で、球拾いのエースと呼ばれていました」

と書いた方が「なにそれ!?」となりますよね。

 

動画

最近は自己紹介の動画を動画サイトにアップするなどして、

自己PRを行う就活生が増えているのだとか。

 

履歴書に動画のURLなんて書いてあったら、

採用担当もびっくりですよね。

 

私キエも趣味の和太鼓動画を面接のときに

見せたことがございました。

 

自己紹介動画とは違うのですが、

そのあとの話題を広げるきっかけにもなって

かなりの好印象でございました。

 

それに、職種によっては、動画編集できること自体が

アピールにもなります。

 

ただし、面接でそのことを尋ねられた際には、

スマホなどで動画をすぐに見せられるように

準備をしておきましょう。

(以上)

 

 

いかがだったでしょうか。

 

企業によってどういったところを

重視しているかは異なります。

 

企業に応じた備考欄で採用担当を

ひきつけちゃいましょう!

 

では就職活動頑張ってください!

 

-就活のコツ!
-, ,

執筆者:shinpei_o

関連記事

企業へ電話する時に必ず押さえておきたい基本的なマナー3選!

  83度目まして。     ジェットコースター乗りたい。   高いところも絶叫系も大好きです。   でもお化け屋敷は絶対ダメ。   お化け …

ビジネスマナーを身に付けて就活に挑む!

  仕事では多くの方と接していきます。 利害関係が様々にある関係者と様々なやりとりをしなければなりません。 特に営業職等は常に多くの方と接していくのでビジネスマナーは大変重要な事となります。 …

愛の告白と面接の関係とは!?【裏ワザ面接必勝法】

就職BASE採用面接官のメガネです。 就活といえば面接!ですよねー。 様々な企業の人事担当や役員の話を長年聞いてきて、 採用もしているメガネだから言える秘密の面接必勝法! 小手先ではない、あなたもすぐ …

リスねぇが教える!休んでもいい!?荒天時の対処法!!

ちょりーっす!!リスねぇです!! こないだ帰宅したら、会社に行く前に干しておいたズボンがベランダの外に落ちてたらしく、 マンションの共有掲示板に貼り付けられてた!!!恥ずかしい!! ( ;∀;) &n …

ビジネスマナーの最初の関門、就活生にとっての身だしなみチェック

    最初の関門をきちんと越えましょう   新卒採用をめざして就職活動をはじめる際、まず最初に気になるのが服装や髪形などの身だしなみではないでしょうか? 実際に企業で働 …