就活のコツ!

あなたの自己分析は間違っていた!?自己分析で必ず抑えたいポイントを徹底解説!

投稿日:2016年6月24日 更新日:

8f2f2a30e0bdf307919753bbdb44f0ba_s

 

 

54度目まして。

 

小学生の時、小学校の校庭にめちゃくちゃ大量のバルタン星人がやってきた夢を見ました。

 

逃げ惑う生徒をフォッフォッフォって言いながら捕まえてて超怖かった。

 

最近ではヒョウ柄のTシャツを着たおばちゃん二人が、玄関から堂々と「泥棒です~」って言いながら入ってくる夢を見て大いに戸惑った、ただの広報担当えなこです(*・ω・*)

 

 

あとは芝刈り機に追いかけられたりとかね。たまに変な夢を見ます。

どうせならイケメンとキャッキャウフフする夢が見たい…(白目)

 

 

さて、今回は就活での自己分析について必ず抑えておきたい2つのポイントをお伝えしたいと思います。

 

「就活でもっとやっておけばよかったことランキング」1位の自己分析!

あなたはどこまで自分について分析出来ていますか?

 

出来ている人も出来ていないひとも、えなこと一緒にお勉強だ!!

 

 

自信がないのに自己PRなんて出来ない!

 

自分の熱意を採用担当者に伝えるのが就職活動です。

でも自己分析がきちんと出来ていなければ、採用担当者に自分という人間がどんな人間であるかを伝えられるわけがありません。

どんな人間かもわからないまま採用してくれる企業なんてありませんよね?

 

自分の個性や熱意を伝えて初めて、採用担当者はアナタがどういう人間なのかを知り、採用したいと思うのです。

 

このように一番大切なことなのに、多くの人が途中で投げ出してしまうのが自己分析です。

 

 

確かに自己分析は終わりが見えず、自己分析をすることによってどんな効果があるのかイメージしづらいことでしょう。

そんなことに時間を割くならば、目に見えて結果が分かる筆記対策や説明会、業界研究などの分かりやすいものに集中したほうが効率的だと思うかもしれません。

 

しかしここで手を抜くと、自分の強みや頑張ってきたこともいまいち確信が持てないまま、自己PRを作ることになります。

 

志望動機も同じです。

心から志望しているかどうかわからないのに「御社の事業に将来性を感じ、志望しました」なんて、見た目だけは繕った中身の無い志望動機が作られていくのです。

 

「自信がないけど自己PR、志望してないのに志望動機」

 

こんな状態で人気企業の倍率300倍(300人に1人)を勝ち抜けるわけがありません。

そうして選考に落とされ続け、すっかり自分自身を否定された気になり、気落ちしてしまいます。

 

何故就活が上手く行かないのか。

就活に苦しむ多くの人が、この部分で躓いている気がします。

 

今からならまだ間に合うので、しっかり自己分析していきましょう。

 

 

自己分析とは何なのか

 

これだけ声高らかに自己分析が大事だと言われたところで、「そんなこともうとっくの昔に知ってんだよ」と思う方が大半でしょう。

しかしなにを重点的に分析すれば良いか分からず、何となく「わたしの強み」っぽいことを考えて、表面的な分析に始終してしまいます。

 

しかし、自己分析とは「自分の大切にしている価値観を知る」ということが一番大切なのです。

 

自分の価値観を知るためには、以下の3つの切り口から明確にしていきましょう。

 

1.どんな能力・人間性になりたいか

2.何(収入や名声)を手に入れたいか

3.社会や人にどんな影響を与えたいのか

 

 

例えば、どんな能力・人間性になりたいかは「◯◯の資格を取りたい」「人に元気を与える仕事に就きたい」などです。

何を手に入れたいかは、「年収1000千万」「異性にモテたい」「一戸建てが建てたい」などですね。

社会は人にどんな影響を与えたいのかは、「若者が希望を持てる社会を実現したい」や「格差のない社会にしたい」などがそれに当てはまります。

 

1と2は自分の欲求を満たすための価値観であり、一方で3は他人に価値を提供することを目指す価値観となるわけです。

 

 

この自己分析のキモは、3にあります。

ここを知らない学生が非常に多く、「自己分析は”自分の強み”を見つけることでしょ」と勘違いをしている人も多くいますが、それは勘違いです。

 

 

ヤル気や成長意欲はあって当たり前

 

「成長意欲があります。

大学時代も多くの人と出会い、自分を成長させることを大切にしてきました。

社会人になってからも、この成長意欲を存分に活かして御社でも活躍したいと思います!」

 

成長意欲を持ち、大学時代に色んなことに挑戦してきた頑張りにも好感が持てます。

でも、社会人にとってヤル気や成長意欲はあって当たり前のものなのです。

 

学生までは「成長意欲や向上心」が評価され、「頑張ってる自分」が周りから褒められ、評価されるのです。

しかし、企業からしてみれば「成長意欲や向上心あって当たり前。じゃあその意欲や向上心を我社でどう活かしてくれるの?」となるわけです。

だって企業はあなたに給与を支払うから!

大企業ともなると、生涯賃金は3~4億円にものぼります。

それだけの額に見合う人物だと思うから採用するのであって、ヤル気なんかは「あって当たり前」のものなのです。

 

だからこそ、社会にどんな影響を与えたいのか・社会にどんな価値提供をしていきたいのかを企業は知りたいわけです。

 

「誰のために」「何のために」仕事をするのか。

誰のためになら頑張れるのか。何のためになら頑張れるのか。

そして、それを通して社会にどんな影響を与えたいのか。

 

それをしっかり言葉にできている人から内定を出しているのです。

 

 

さてさて!いかがでしたでしょうか!

 

自分がどういう価値観を持っていて、その上で周りにどのような影響を与えたいのか。

そこにしっかりと向きあえば、自ずと「自分の強みは何なのか」という答えは導き出されます。

 

今からでも遅くはありません。

しっかりと自分と向き合ってみましょう。

 

しかし、「向き合ってみたけれどわからない」と迷ってしまった時は、お気軽に就職BASEにお越しください。

わたくしたちが精一杯、アナタと向き合い、一緒に悩みます。

 

わたしたちと一緒に、より良い就職を目指しましょう!

-就活のコツ!
-, ,

執筆者:匿名

関連記事

大手から内定をもらうために新卒の就職活動道場 ビジネスマナー編

    今回は、ビジネスマナーに関してを記していきたいと思います。 具体的には、面接とは男と女のお見合いみたいなものです。 そこで、大切なことを知ってほしいわけです。   …

【リスねぇ突撃レポート】おエライたんにインタビュー!!■後編■

連日こんにちは!リスねぇです!! 先日の 前編 に引き続き、本日はおエライたんインタビューの後編です!  就職BASE  1 share【リスねぇ突撃レポート】おエライた …

【土用丑の日】「う」の付く食べ物総力特集2017【鰻だけじゃない】

ちょりーっす!! サイトの記事のほうではお久しぶり、リスねぇです!!   梅雨も明けて、夏真っ盛りの時期になりましたね! 皆さん体調管理には十分注意してこの夏を乗り切りましょうε-(・´ω` …

就活で鍛えるべきは対話能力ではない

    見出し人の印象は第一印象でほぼ決まる笑顔と声を意識しよう面接官の気持ちになってみて意識すれば直せる面接時に緊張することは当然 人の印象は第一印象でほぼ決まる 人の印象は第一 …

転職のベストタイミングとは!?真剣に考えましょう!!案外大切!

    見出し転職のベストなタイミングとは退職願は2週間前までに!生活費は大丈夫?シーズンの変わり目もタイミングかも 転職のベストなタイミングとは 転職と聞いて、みなさんはどんなこ …