就活のコツ!

転職はすべて第一就職先の企業名と国家資格で決まる!!

投稿日:2016年3月8日 更新日:

e5d1b2f7520c3e072a694b09a90f3d77_s

 

 

転職活動はしっかり考えてから

転職を本気で考えている人、もう一度しっかりと考えてみましょう。

転職にまつわるデータですが、ほとんどの転職した人が後悔をしています。

なぜなら、転職を求める人は、給与に不満を持っていたり、仕事がつらすぎるから転職を求めています。

しかし、仕事というのは楽なものはなく、表ではよさそうな仕事に見えるが実際にやってみるとつらいものが多いです。

また、転職の場合はヘッドハンティングなどの場合は高給与が保証されますが、それ以外の一般的な転職となる場合、給与はまた新卒などの水準から始まり年功序列で上がっていくのではじめの初任給はよいと感じるかも知れませんがトータルで損、年をとってから全然給与が上がらない、もらえないという場合が多いです。

給与とか関係なく、この仕事、この業界で働きたいんだという人にとってもはよい選択かもしれません。

それ以外の人で給与を求める人、大企業に入る、自分の社会的な立場を大きくしたいという人にとって転職の際のポイントを紹介します。

 

どこで働いた?

まず、転職をする際に企業が履歴書や職務経歴書で一番注目するところは、前職でどこどのような働き方をしていたかということです。

同業他社で実績を残して働いていたという人は能力が高いとみなされスムーズに転職が進みます。

それ以外の業種や職種からの転職の場合、学歴がよくても評価されなにくくなってしまいがちです。

企業が中途採用をする理由は、『高スキル』の人財を『即戦力』で採用したいからです。

業界・職種未経験のばあいは狭き門となりやすいのです。

しかしまだチャンスはあります。

それは資格です。

 

とれる資格はとっておこう

ここで注意するのが簡単な資格とかではなく中小企業診断士や公認会計士などの難関資格のことです。

こういった類の国家資格だと大きく評価されやすくなります。

他にも、宅建士ならすぐに不動産業に転職することもできますし、電気主任技術者ならビル管理会社や工場などそういうところにものすごい需要があるのですぐに転職ができます。

なので、狙った業界や職種がある場合は、それに関係する資格取得を目指して、少しでも勉強してみましょう。

何か他の方向性も見えてくるかもしれませんよ。

-就活のコツ!
-,

執筆者:匿名

関連記事

【逃げ恥】DBスペシャリストを持ってる平匡さんがリストラ?!

ちょりーっす!! 最近会社のPCをMacにしてみた、リスねぇです!! よくよく考えたらWindowsのデータ全然移行してないからやばい気がする!! 明日出す書類あっちに入ってた気がする…_| ̄|○ i …

「風が吹けば桶屋が儲かる」って知ってる?

はいどーも。おのもんです。 さっそくですが、タイトルの諺知ってますか? わりとポピュラーな諺なんで、知ってる人はけっこういるとおもいます。 風が吹けば砂埃のために目を病む人が多くなり、目を病んだせいで …

自分のスキルを磨く!ビジネスマナーの重要性

    身だしなみや、ビジネスマナーに関して大変うるさく言われる事があります。 ビジネスは、多くの方と接してビジネスを行っていきます。 その中でまずは、ビジネスマナーが大変重要にな …

ころころ変わる就職活動の時期 新卒向けの就職活動を成功させるには

    2015年度から、大学新卒者向けの就職活動の実施時期が大きく変更されたました。 本来であれば、3年次冬にはキックオフされる就職活動が、なんと3月から開始となったのです。 基 …

就活は大学に入った時から始まっている!

    見出し大学のランクは関係ない成績をしっかり資格をとろう 大学のランクは関係ない 就職活動のときに、よく耳にする言葉があります。 あいつは○○大学だから大企業だよな、俺は?? …