就活のコツ!

就活で鍛えるべきは対話能力ではない

投稿日:2016年3月31日 更新日:

-shared-img-thumb-MIYA160110390306_TP_V

 

 

人の印象は第一印象でほぼ決まる

人の印象は第一印象でほぼ決まるといっても過言ではありません。

面接では周りと差をつけることが大切です。

新卒時は面接する人数がとても多いため、個性が埋まってしまいがちです。

なので面接官に自分の印象を植え付けるのです。

 

笑顔と声を意識しよう

そこで、周りとの差をつけるために必要なものが「笑顔」と「声」です。

面接では終始笑顔を維持すること、そして声を普段よりワントーン上げる意識をしましょう。

就活を始める際、自己紹介や志望動機の文言を重視する人が多いと思いますが、この2点をより重要視するべきです。

しかし、就活生で中でもこの2点を当然のことだと思う人も多いと思います。

ですが、意外とできていない就活生が多いことも事実です。

近年は特に、女性が元気がよく、男性は元気が無いと言われています。

 

面接官の気持ちになってみて

部屋に入ってきて、最初に見た表情がとてもつまらなさそうだったり、弱気な顔をしている人を採用したいとは思わないでしょう。

現場で働いている人が面接官だった場合は特にそうですが、面接では基本的に「一緒に働きたいと思うか」という点を重視しています。

その点を探るために、「なぜここで働きたいのか」や「具体的にどんな仕事をしたいのか」などといった個人的な考えを聞きます。

しかし、どれだけ良い受け答えをしたとしても、それが暗い顔で弱気な小さい声だとしたら魅力は半減しますよね。

 

意識すれば直せる

面接官と最初に対面するとき、自分1人で部屋に入る場合はドアをノックする前から、事前に部屋に通されて面接官を待つ場合は待っているときから口角を思いっきりあげてください。

人は自分で思っているよりも口角が下がっています。

緊張していると更に強張った表情になりがちです。“上がりすぎ”と思うぐらい口角をあげた形がちょうどいいです。

歯は見せずに口角をしっかりと上げ、質問する面接官をしっかりと見ましょう。

そして、話すときはワントーン声を高くしてハキハキと話すことを意識しましょう。

男性は特にこれが大切です。

男性は声が低いため、緊張して口調がモゴモゴしてしまい、非常に聞き取りづらくなってしまいます。

そのため、前もって声をワントーン上げて話す練習をしましょう。

 

面接時に緊張することは当然

事前に用意している話の半分も話せないことだってあります。

しかし、用意した話が話せなかったから失敗したというわけでもありません。

面接官は就活生との“会話”を望んでいます。

しっかりと会話の受け答えができるか、話しやすいか、という点も見ています。

そういう面接官にとって、笑顔でハキハキと話す就活生はとても魅力的に映ることでしょう。

-就活のコツ!
-, ,

執筆者:匿名

関連記事

中途採用比率が大きい企業は、なぜ中途採用比率が高い?

おいでやす~。おのもんどすえ。   先日、京都に行ってまいりました。 遊びならよかったんですけど、ドタバタで観光する余裕もなく・・・。 がしかし、「和ごころ 泉」さんに行くことができました! …

【参加したら就活に有利かも!】東京マラソンについて調べてみた!

ちょりーーーーっす。 マラソンは大嫌い!運動音痴といえばこの私、リスねぇです!!   もうすうぐ東京マラソンだって、知ってました? そもそも東京マラソンっていつからやってるんだっけ? とか色 …

【18卒必見】眠気を覚ます4つの方法【ES&履歴書】

それは眠りの呪い…   一度目を閉じてしまったら、 二度と目覚めることはない…   王子様のキス…?   そんなもの効くかウツケモノっ!!   私の王子様はオフ …

就活スタートに押さえたいポイントと就活イベント活用法

    2013年以降の就職活動が、様々な要因で情報解禁が3月.8月と変わり、さらに2016年の就職活動の開始は、6月とコロコロとかわっており、就活をする学生は変化への対応力が求め …

就活で自分の個性が出せるよう、面接は素直な気持ちで臨みましょう

    今回は、面接に挑む際に注意したほうがいい6つのポイントについてまとめます。   見出し1.企業は個性的な人材を求めています。2.個性は意識して出せませんので、自然 …