私は就活に失敗しました。

2016年5月9日

6152632eab166caa0d53a5c16750fcfe_s

今の仕事はこんな仕事

私は現在、医療事務として病院に勤めています。

各外来で診察・検査を終えた患者さんの受付伝票を基に、会計入力をする仕事です。

また、月末月初には毎月の診療報酬を見直すレセプト業務も行います。

普段の仕事では患者さん対応が主です。

今までアルバイトなどで経験してきた接客とは違い、「いらっしゃいませ」の精神で対応するのではないので、最初のころは少し大変でした。

日々進化する医療の中で、診療点数や算定方法も変わったりするので難しいです。

仕事をしている中で、楽しいことつらいこと

毎日朝早く起きて仕事をすること自体がすでにつらいです。

学生時代は結構自由な時間が多かったですが、社会人になると休みが少なくなって大変です。

しかしながら、そんな大変な仕事の中でもやりがいを感じるときはあります。

私の場合、患者さんをお待たせせずに会計入力ができた時、やりがいを感じます。

私は会計を入力する窓口に所属しているのですが、各外来で長時間待たされてやっと会計に来る患者さんを少しでも早く帰らせてあげたいので、スピードと正確性を重視した会計入力を行っています。

あとは、ありがたいことに職場の皆さんが個性的で優しくて面白い方々ばかりなので、毎日楽しませていただいています。

就活をした時に実践していた就活方法

大学の就活セミナーでは、「とりあえずまず100社エントリーしろ」と言われました。

素直に多くの企業をエントリーしましたが、説明会の予約さえなかなか取れない状況でした。

学歴フィルターも正直、存在していると思います。

私はとにかく、予約できた説明会は必ず参加するようにしていました。

やはり、企業HPだけでは分からないことはたくさんあります。

実際行ってみて、会社の雰囲気などを感じることが大切です。

あとは、就活で忙しくても睡眠は必ずとることです。

大事な説明会、面接などでうっかり寝ないように、移動の電車内で寝過ごして遅刻しないように、表情に疲れが出ないように、睡眠時間は大切にしていました。

就活の失敗談・就活の成功談

私は就活に失敗しました。周りが内定をどんどんもらえている中で、最終面接にすら進めない状況でした。

半ば諦めかけていたころに資格を取って自信を持とうという考えに至り、卒論と同時進行で医療事務の資格取得に向けた勉強を始め、なんとか卒業そして合格。

現在医療事務の仕事ができています。

私がなぜ就活に失敗したのかというと、熱意がなかったからです。

どこかしら採用してもらえればいいや、という感覚で就活に臨んでいました。

そんな曖昧な私の意思では、志望動機もろくに書けません。

面接でもうまく伝えられません。ことごとく不採用でした。

新卒就活中の学生にメッセージ

就活に失敗した私だからこそ言えます。

将来どんな仕事をしたいのか、よく考えてください。

気になる企業には、必ず説明会へ参加しましょう。百聞は一見に如かずです。

なぜ自分がその企業で働きたいのか、熱意があれば、きっと伝わります。

一緒に働きたいと思ってもらえます。

一番は熱意です。やる気です。

自分自身と向き合えるのは人生の中で就活の時くらいかもしれません。

そんな貴重な時期を大切に、自分自身を見つめなおして、働きたい職場を見つけましょう。

努力は必ず報われます。

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!