【18卒必見】出版業界就職難易度、調べてみた!!【就職偏差値】

2017年6月20日

どうもこんにちわ。

 

文学少年キエです。

 

キエは自称読書家で本が好きだったので、

就活生のころ出版業界を志望してたりしました。

 

出版業界は就職が難しい業界だと言われています。

 

んまあ、募集がすくねえんだなこれが。

それなのに、んまあ人気は高いんだなこれが。

 

そんな出版業界のなかでも、

当然、大手はさらに入るのが難しいです。

 

というわけで、今回はこちら!

 

【18卒必見】出版業界就職難易度、調べてみた!!【就職偏差値】

 

 

出版業界難易度

※()内が就職難易度です。

・大手出版社(年商1000億円以上)

小学館(A+)、集英社(A+)、講談社(A+)、KADOKAWA (B+)

 

・準大手出版社(年商200億円以上)

学研HD(B)、新潮社(A)、文藝春秋(B+)、光文社(B+)、

日経BP(A)、宝島社(B)、PROTO(C+)、

ぎょうせい(D)、東京書籍(B)教科書出版最大手

 

・上位中堅出版社(年商100億円以上)

医学書院(S)、岩波書店(A)、NHK出版(C+)、

PHP研究所(C)、朝日新聞出版(B+)、ベストセラーズ(D)

幻冬舎(C+)、徳間書店(C)「アニメージュ」、

マガジンハウス(A)、主婦の友社(B)、主婦と生活社(B)、

ハースト婦人画報社(B+)、世界文化社(B)、

東京ニュース通信社(D)、JTBパブリッシング(C)、

昭文社(D)、ダイヤモンド社(A)、インプレスHD(C)、

新日本法規出版(D)、第一法規(D)、フレーベル館(C)、

ひかりのくに(C)、数研出版(B)、Z会(B)、文渓堂(E)

 

・中堅出版社(年商50億円以上)

医歯薬出版(S)、福音館書店(S)、ポプラ社(D)、

東洋経済新報社(C+)、プレジデント社(C)、

中央公論新社(B)、扶桑社(C)、日之出出版(C)、

高橋書店(C)、実業之日本社(B)、日本文芸社(B)、

白泉社(A)、少年画報社(B)、芳文社(B)、

ベースボール・マガジン社(D)、三省堂(C)、

光村図書(C+)、新興出版社啓林館(C)、旺文社(C+)

 

・著名中小出版社(年商20億円以上)

祥伝社(B+)、平凡社(B)、三笠書房(B+)、

大和書房(D)、河出書房新社(C+)、宣伝会議(E)、

経済法令研究会(C)、東京法令出版(D)、

オーム社(B)、技術評論社(C+)、明治図書出版(B)

日本文教出版(C)

 

医学系の出版社さんは専門性が高いので難易度も高いです。

 

同じく難易度の高い福音館さんは絵本などを主に手がけていらっしゃいます。

出版業界というと激務というイメージも強いですが、

非常に働きやすい会社として有名です。

 

やはり、名前を聞いたことのある出版社さんは

総じて就職難易度も高いですね。

 

出版社を志望しているかたへのアドバイスとしましては、

「会社ごとに志望動機をしっかりと練ること」です。

 

キエの失敗談としまして、手帳を主に手掛けている高橋書店さんで

「面白い小説が作りたい!!」

なんてことを言ってしまい、面接で失敗してしまったなんてことがあります。

 

「出版業界に入りたい!」というかたは、

「その会社で自分のやりたい仕事ができるのか?」

というところをしっかり事前に調べるようにしましょう!

 

それではみなさんの就職活動を心より応援しています!!

 

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!