カテゴリー
未分類

老化を引き起こす活性酸素

赤ちゃんの肌はツルツルでスベスベですが、じつは生まれた瞬間から、肌の老化は始まっているそうです。
その正体が活性酸素のようです。
鉄などの金属がさびたり、バナナの切り口が茶色くなったりするのは、酸素によって物質が酸化するためのようです。
活性酸素は、私たちの体の細胞を強力にさびつかせる、悪玉酸素なんです。

活性酸素は普通の酸素に比べて、著しく化学反応を起こしやすい暴れ者のようです。
活性酸素が体内で大量に発生すると、細胞や遺伝を傷付け、老化を引き起こすそうです。
活性酸素はシミやシワなどの老化のほか、ガン細胞の発生にもかかわることがわっています。
活性酸素は細胞を傷つけて老化を引き起こすんですね。

活性酸素は紫外線、過労、ストレス、喫煙などから大量に発生するようです。
人は呼吸をするときに、酸素を取り入れて、エネルギーを燃焼していますが、この際にも活性酸素が発生しているそうです。
呼吸するだけで活性酸素が発生するということは、人が生きて息をしている限り老化は避けられないということになりますね。
ですが本来、人体には活性酸素を除去するしくみが備わっているようです。
抗酸化力のある酸素などが体内で働き活性酸素をすみやかに取り除いているそうです。

しかし、この体内の抗酸化力も、30代以降は低下していくそうです。
ほかに活性酸素をたくさん生み出してものには、激しい運動、紫外線、過労、ストレス、喫煙、食品添加物、酸化した油などが活性酸素を生み出しているようです。
また、血糖値が高いと、体内に活性酸素を生み出して、老化やある種の発ガンが促進されることがわかってきたようです。
甘いもののとりすぎはダイエットだけではなく肌にも悪いことになますので注意しましょう。

呼吸しているだけで老化していくなんて何だかやってられませんね。
私は活性酸素が老化を引き起こすことを知ってから、スケンケアにニードル美容液を取り入れました。
このニードル美容液は寝る前に目の下やほうれい線に貼る美容液なんですけど、美容液の塊が針状になっていて、貼ると肌に刺さって肌の奥まで浸透させる美容液なんです。
実際には刺さってないんですが、常に押さえられている感じで、肌に浸透している気がします。

この貼る美容液をつけた翌朝はシワの部分がかなり目立たなくなっていて良いですよ。
良かったら試してみてください。
貼る美容液はこちらのサイトが参考になりますよhttps://photo-link.jp/

カテゴリー
未分類

夢のファンデーション

20代の頃欲しかったのは、夜寝ている間もつけたまま寝られるファンデーションでした。

なぜって、普段隠している顔のシミが、みんなで温泉旅行とかに行ったりすると隠しきれなかったから。だって、どうしても夜寝るときはメイクをオフしなければいけなかったからです。

実は私は顔に1カ所小さなシミがあって、しかもこれが結構目立つところにあるものだから、20代の頃はしっかりファンデーションやコンシーラーで隠していました。
それが、泊まりがけの旅行に行くとどうしても隠しきれなくなる。メイクオフしてから寝ないといけないからです。
するのでみんなにばれてしまうのはちょっと嫌でした。だから、ギリギリまで落とさないにしたりして。。

まぁこういう悩みはみんな持っていて、思い出すのは、大学の頃とてもかわいい友達がいたんですが、ある時旅行に一緒に行って、翌朝起きたら全然顔つきが違っていて。
なんでかなぁと思ってまじまじと見たら、眉毛が半分しかなくて。みんなで思わず笑ってしまったり。

彼女の場合はまゆげ、私の場合は一個のシミでした。こういう悩み、多分女性なら他の人にもあると思うんです。

外に出ているときはメイクで外向けのお化粧した顔を作っているんだけど、夜寝るときになるとどうしてもすっぴんを出さなきゃいけない。

成人すると親戚の前とかでもそうですよね。いつもはお化粧顔しか見せないのに、みんなで温泉に行ったり泊まりがけで帰省したりすると、どうしても寝るときはお化粧をオフしなきゃいけなくて。

話をファンデーションに戻すと、もしあの頃に夜寝ている間もつけたまま寝られるファンデがあったら。。。と思っていたら、そういうファンデーションが最近ようやくできたみたいです。
夜間、つまり一晩寝ている間もつけままでいられるファンデーション。

しかもこのファンデーション、美容液成分たっぷりで肌につけている間にケアしてくれるファンデーションだと言うこと。とても気になります。

あなたも気になるなら、こちら

カテゴリー
未分類

最近流行のヒアルロン酸のパッチ

最近ネット広告でよく見かけるようになった「貼るヒアルロン酸」のパッチ。広告の写真は何か絆創膏みたいなのを目の下に貼っていたりするので結構笑えるので、その画像のインパクトで目に入ってたんですが。実際は絆創膏というよりもパックに近いみたいです。なら納得。「なんで絆創膏なの?」とずっと思っていました。

よく見かけるようになったなぁと思っていたんだけど、「そういえばあれ、商品名じゃなくてジャンル名はなんていうものなんだろう」と思ってました。パック…とは違うよね。というわけでちょっと調べてみたら、今のところ統一感がなくてバラバラ。なかなかジャンルに名前をつけにくいものみたい。それとも新しいものすぎて決まった言い方がまだできてないってことなのかな?

ただちょっと見ただけでも「ヒアルロン酸の針美容」とか「ヒアルロン酸マイクロニードル」とか、名前に「針」関係が付いていて、結構名前が怖いんですね、あれ。まぁ、この当たりが、ジャンルの名前がつきにくい理由かも?だって、「針」が付いちゃうと、一般の人はビビりますよね。もうちょっと針から離れられるとイメージも良くなるかもしれないけど、一方で「針で直接注入して有効成分を肌の奥に届ける」というのがコンセプトみたいだから、なかなか「針」の気配を難しいのかもしれませんね。こういうのもそのうちマイルドな新語が出来るのかな?

ところでヒアルロン酸って、今やメジャーな保湿成分としてたくさんの化粧品に入っています。それを直接肌に注入する方法は、以前は美容外科や皮膚科なの医療機関に行ってヒアルロン酸注射なるものを受けるしかなかったと聞いています。なので自分で貼るだけというのはたしかに新しい発想ですよね。だって、駐車するのは目の下とかだから、顔の前に注射針が来るのって結構怖い。それが「貼ればいい、それだけ」っていうのは凄いかも。注射のストレスもないし。定期的に医療機関に行かなきゃ行けないとなると費用も時間もかかるけど、「夜に貼って寝るだけ」は本当ストレスフリーでにコスパがいい。これは流行るのもわかる気がします。

例えばこんなサイトが参考になります: https://cocolu-web.jp/

カテゴリー
未分類

美味しい物を食べると、ホッとします

私がストレスを感じる時は、仕事が思うように進まなかった時です。
予定していなかった急用が入ったり、体調が悪くなったりすることが原因です。
通常、月の仕事量はほとんど決まっていて、それを週ごとに落とし込みます。
一週間の仕事を日別にカレンダーに書き出して、毎日完了を目指しています。
このタスク管理がうまくいかない時、ストレスを感じます。

そんな時は、美味しいものを食べてストレス解消をしています。
オヤツにちょっとお菓子を食べたり、夕食のメニューを自分の好きな物にしたりするだけで、イライラした気持ちがおさまります。
お菓子は普段食べないような、少し高価なものなら尚良し。
夕食のメニューに関しては、自分で作らずお惣菜などを飼ってくるのも楽しいです。
小さなストレスでも、たまってきたら大きなストレスになってしまうので、小さなうちに解消していくのが自分なりのポイント。
もっと仕事の管理に余裕を持てるようにしていきたいです。

私のストレスの原因は会社の同僚です。
小さな会社で、私と3人の男性という構成です。
その為雑務のほとんどを私一人で行わなければなりません。
上司は比較的目配りのできる方なので、私に負担が集中しないよう男性社員に指示してくれていましたが、当の彼らは視野が狭く、上司が動いたのを見て追随する程度です。
ゴミ捨てをしてくれたと思ったら次のゴミ袋がセットできていなかったり、ゴミ袋がなくなりそうなのに購入せず放置されていたりと、些細な不備をいくつも見つけてしまいストレスを感じています。
世間の奥様方が感じている「名もなき家事」へのストレスと似ているかもしれません。

そんな時は、友人に話を聞いてもらいます。
友人と直接会うことができない時はビデオ通話を使い、お互いお酒を飲みながら近況報告や愚痴を発散しています。
効果はてきめんで、話した後は前向きな気分になれます。
出勤するとまた繰り返しですが、友達に聞いてもらえると思うと頑張れます。

敏感肌のあなたにも健やかな肌をサポートするトライアルキット!