カテゴリー
未分類

保湿の決め手はセラミド

不足しがちなセラミドは化粧品で補える
角層の中で力強くパワフルな水分保持力を発揮してくれるセラミドですが、残念ながら年齢を重ねるごとにセラミドは減ってしまいます。
肌の新陳代謝の過程でつくられているものなので、代謝が活発な赤ちゃんのころがもっとも多くて、それ以降は低下し続けてしまうそうです。

セラミドはコレステロールのようなものからつくられているようで、コレステロールを食事からとっても、
また、じかにセrsミドを飲んだとしてもセラミドは増やせないそうです。
加齢で減っていってしまうセラミドを体の中からつくり出すことは、かなり困難なようです。

そこで簡単にセラミドを補えるよう開発されたのが、セラミド配合の化粧品です。
このセラミド配合の化粧品を使えば、確実に肌の水分を増やすことができるようです。
乾燥しらずのすこやかな美肌には、セラミド配合化粧品が必要だと覚えておきましょう。
セラミド化粧品はどうやって選ぶのでしょうか?

セラミドは水溶性の物質ではないようなので、化粧水ではなくて、美容液や乳液に配合されています。
セラミドと一口にいっても、さまざまな種類があるようで、選びときには注意が必要になります。
最近では、植物由来のものなど、いろいろなセラミドがあります。
植物由来というと、肌にやさしそうなイメージがありますが、何よりも大切なのは私たちの肌に近い組成であるかどうかということのようです。

人間の皮膚には、約6種類のセラミドがあることが現在わかっているようです。
このうちとくに保湿力にすぐれているのは、セラミド1、セラミド2、セラミド3のいずれかが入っているものを確実に選ぶことが最優先なんです。
また、セラミドは、化粧品原料としても比較的高価なんで、類似品もたくさん出回っているみたいです。
購入するときには、全成分の表示をちゃんと確認しましょう。

たとえセラミドが入っていても、極端にすくない化粧品ですと、セラミドが微量しか含まれていないこともありえますので、必ず全成分は確認しましょう。
私もセラミド配合の化粧品を買う時はひつこいくらいに、全成分を確認しています。
セラミド配合の化粧品も欲しいですが、私が今欲しいものは美顔器です。

美顔器は高価なんですが、エステサロンに通うと思うと自宅で毎日使えるから良いと思っています。
美顔器をいろいろネットで調べてみて、私が気になった美顔器があったんですが、普段使っている洗顔料やスキンケアコスメといっしょに使える美顔器なんです。
私が気になった美顔器がこの美顔器です。
良かったら見てみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です