カテゴリー
未分類

ハリウッドで8割のメイクアップアーティストが使うファンデの効果は?

肌をキレイに見せてくれるためのファンデーション選びはとても重要ですよね。
シミやシワを隠したいとはいえ、厚塗りはしたくない…映画女優たちのキレイな肌にほんの少しでも近づきたい!と思いますよね。
ハリウッドで8割以上のメイクアップアーティストが使っているベースメイクセットがあることを知っていますか?

映画が初めて作られた頃はモノクロ撮影で、白と黒・陰影だけで表現されていましたが、女優たちは肌から浮いてくる皮脂に気をつける必要がありました。肌にテカリがあるとそこが明るく光ってしまい、陰影が台無しになってしまうからなのです。
女優たちはいつもきめ細かい肌でいることを求められていました。

俳優や女優の肌のテカリを抑えるのはメイクアップアーティストで、当時はドーランをベースメイクに使って撮影していましたが、当時のドーランはテカリやすく何度も塗り直しが必要でした。
女優たちは美肌のために顔を冷やしたり水分を摂らないように工夫したりと、とても苦労していたといいます。

イタリア出身の美男俳優・ルドルフ・ヴァレンティノは、すぐに皮脂が浮いてベースメイクが崩れてしまう「オイリー肌」という弱点を抱えていました。撮影中にテカリが出る度に中断しなければならなかったため、彼を担当していたメイクアップアーティストが新たなファンデーションを研究開発しました。
肌の質感を美しく整えつつ、皮脂に強くテカリを抑えられるファンデーションの開発によって、ヴァレンティノはテカリの心配がなくなり、安心して撮影できるようになりました。

現在のベースメイクは薄くても肌をキレイに見せてくれ、崩れにくいなど、ヴァレンティノが使っていたファンデーションに比べかなり進化しました。
テレビも高画質で放映されるようになり肌が鮮明に映されるようになったため、ハイビジョン画面対応のファンデーションも開発されました。
きめ細かい肌に見えるように仕上がり、画面でも映える肌になります。
メイクアップアーティストは、テレビ・映画・雑誌のグラビアなどで、進化したファンデーションを使ってベースメイクを仕上げています。

オードリー・ヘップバーン、エリザベス・テイラー、グレース・ケリーなど、ハリウッドのトップスターの専属メイクアップ・アーティストとして活躍した「ウィリアム・タトル」が、長年の経験と独自の研究から開発したクリームファンデは、ハリウッドで8割以上のメイクアップ・アーティストが使っています。
・女優たちの肌をいたわりながら長時間の撮影にも耐えられる
・汗や水に強く、崩れにくく、あらゆる人種の肌色を表現できる
・つけ心地がよく素肌のようなナチュラルな仕上がりである
下地無しで薄付き、艶やかで崩れないファンデーションは、肌への負担も最小限です。
40年以上ハリウッドで愛用されているファンデーションですが、一度も一般用として販売されたことがなく、一般向け販売は世界でも日本だけだといいます。
アンダートーンの色味も豊富なので、普段なかなか合う色が見つからないという方にオススメです。

ハリウッドスター御用達ファンデ「スターオブザカラー」の効果を見てみる!

カテゴリー
未分類

最先端技術で作る美容液

再生医療の考え方を取り入れたヒト幹細胞培養液を使った化粧品が人気ですね。

エイジングケアに興味が出てきたので私もちょっと本気で調べてみたら。最初は本当に何がなんだかわからなかったけど、比較しているうちにちょっと見えてきました。

「再生医療の発想で」と言っているけれど、ヒト幹細胞自体が入っているわけではなくて、ヒト幹細胞培養液が入っていて、これがお肌の細胞を活性化すると期待されていること。さらに「◯%配合」と謳っていても原液が入っているとは限らないこと。

そして値段が、これがまあ、バラバラなこと。もちろん、配合量も全然違います。プチプラだっらもちろん配合量が期待できないし、かといって100%ヒト幹細胞培養液だとなかなかお財布に痛い。まだ最先端の医療技術なので、なかなかコストを下げるのが難しいようで。なので、どれだけコストを下げて配合するかが勝負みたいです。なかなか厳しい世界ですね。

エイジングケアが気になるお年頃としては、市場がどんどん拡大していい製品が開発されるのはたいへんうれしいんですが、ちょっと値段がお高めなのがやっぱり気になるところ。あまりにも高価だったら長く続けて使うことができませんから。できれば毎日使うことを考えて、コストパフォーマンスをもうちょっと上げて欲しい。

まぁ、最先端医療なので今のところコストが高いのは仕方がないと言えるんですが、この後もっと流行るようになったら値段が下がるんでしょうか(もちろんそれだと有り難いけど)。それとも人気なのでこのままお高い化粧品として定着してしまうのでしょうか。後者だったら、エイジングケア対策に何十年も続けられないなぁ。

今のところ、このヒト幹細胞培養液入り美容液はブースターの役割と言うことで、他の化粧品が不要になるわけではないみたいです。なので今までの化粧品にプラスして使うと言うことで、化粧品にかかる費用が増えちゃうんですね。なのでやっぱりちょっとメーカーさんの努力に期待したいところですね。

調査した中では、ここの製品が美容液としてはなかなかコスパが良かったのでおすすめです。ご参考までに。
https://www.lahorechitrkar.com/

カテゴリー
未分類

保湿の決め手はセラミド

不足しがちなセラミドは化粧品で補える
角層の中で力強くパワフルな水分保持力を発揮してくれるセラミドですが、残念ながら年齢を重ねるごとにセラミドは減ってしまいます。
肌の新陳代謝の過程でつくられているものなので、代謝が活発な赤ちゃんのころがもっとも多くて、それ以降は低下し続けてしまうそうです。

セラミドはコレステロールのようなものからつくられているようで、コレステロールを食事からとっても、
また、じかにセrsミドを飲んだとしてもセラミドは増やせないそうです。
加齢で減っていってしまうセラミドを体の中からつくり出すことは、かなり困難なようです。

そこで簡単にセラミドを補えるよう開発されたのが、セラミド配合の化粧品です。
このセラミド配合の化粧品を使えば、確実に肌の水分を増やすことができるようです。
乾燥しらずのすこやかな美肌には、セラミド配合化粧品が必要だと覚えておきましょう。
セラミド化粧品はどうやって選ぶのでしょうか?

セラミドは水溶性の物質ではないようなので、化粧水ではなくて、美容液や乳液に配合されています。
セラミドと一口にいっても、さまざまな種類があるようで、選びときには注意が必要になります。
最近では、植物由来のものなど、いろいろなセラミドがあります。
植物由来というと、肌にやさしそうなイメージがありますが、何よりも大切なのは私たちの肌に近い組成であるかどうかということのようです。

人間の皮膚には、約6種類のセラミドがあることが現在わかっているようです。
このうちとくに保湿力にすぐれているのは、セラミド1、セラミド2、セラミド3のいずれかが入っているものを確実に選ぶことが最優先なんです。
また、セラミドは、化粧品原料としても比較的高価なんで、類似品もたくさん出回っているみたいです。
購入するときには、全成分の表示をちゃんと確認しましょう。

たとえセラミドが入っていても、極端にすくない化粧品ですと、セラミドが微量しか含まれていないこともありえますので、必ず全成分は確認しましょう。
私もセラミド配合の化粧品を買う時はひつこいくらいに、全成分を確認しています。
セラミド配合の化粧品も欲しいですが、私が今欲しいものは美顔器です。

美顔器は高価なんですが、エステサロンに通うと思うと自宅で毎日使えるから良いと思っています。
美顔器をいろいろネットで調べてみて、私が気になった美顔器があったんですが、普段使っている洗顔料やスキンケアコスメといっしょに使える美顔器なんです。
私が気になった美顔器がこの美顔器です。
良かったら見てみてくださいね。