【今だから知っておきたい】熱中症の予防と対策!!

2018年7月13日

ちょりーっす!!

気温が体温を上回る!!

ビルを出ただけで熱風に包まれる!!

私はもうクーラーの効いた部屋から出たくありません、リスねぇです🔥

 

もうね、外出ただけでブワッと吹き出る汗。

意味分かんないよね!!

というわけで、そんな過酷な夏を過ごすために熱中症について調べてみました!

 

ちょっとでも調子悪いな、って思ったら水分補給とちょっとの休憩!!

お姉さんとの約束だぞ!

 

熱中症の症状

熱中症とは、脱水による体温上昇と、体温上昇に伴う臓器血流低下と多臓器不全で、

目に見える症状としては、めまいや失神、頭痛・吐き気、体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)

などがあり、熱中症が原因で死亡する事もあります。

分類 症状 対応例 従来の分類
I度
(軽症)
眼前暗黒、気分が悪い、手足のしびれ
四肢・腹筋の痙攣、こむら返り、筋肉痛、硬直
血圧低下、皮膚蒼白
日陰で休む
水分補給
衣服を緩めるとともに体を冷やす
熱痙攣、熱失神
II度
(中等症)
強い疲労感、頭痛、吐き気、倦怠感
脱力感、大量発汗、頻脈、めまい、下痢
医療機関での治療(輸液)、管理 熱疲労
III度
(重症)
深部体温上昇
脳機能障害による意識混濁、譫妄状態、意識喪失[注 2]
肝臓機能障害・腎臓機能障害
血液凝固障害
救急車で救命医療を行う医療施設に搬送し治療、管理 熱射病

 

 

熱中症の症状が現れたら

自分自身に上記のような症状が現れたり、

熱中症だと思われる人を見かけたら、以下の行動を取りましょう。

  1. すぐに風通しのいい日陰やクーラーなどが効いている室内など涼しい場所へ移す
  2. 衣服をゆるめたり、体に水をかけたり、またぬれタオルをあてて扇いだりするなどして、体から熱を放散させ冷やす
  3. 冷たい水を与え、たくさん汗をかいた場合は、スポーツドリンクや塩あめなどにより、塩分も補給する
  4. 自分の力で水分の摂取ができない場合や、意識障害が見られる場合は、症状が重くなっているため、すぐに病院に搬送する

 

 

熱中症の予防

  • 暑さを避ける

屋外では、日陰を選んで歩いたり、日傘や帽子を活用しましょう。

また、屋内でも、扇風機やエアコンを適切に使ったり、すだれやカーテンで直射日光を防いだりして、暑さを避けてください。

 

  • 服装を工夫する

汗を吸収してくれる吸水性に優れた素材の服や下着を着ましょう。

※今は速乾の下着や、服が結構あります

また、えりもなるべく緩めて、熱気や汗が出ていきやすいようにしましょう。

 

  • こまめに水分を補給する

暑い日には知らずに汗をかいているケースが多いので、水分補給はこまめにしましょう。

たくさん汗をかいたときは、スポドリの他にも塩分も補給しましょう。(塩豆など)

ちなみに、アルコールは尿の量を増やし体内の水分を排出してしまうため、水分補給という点ではNGです。

 

  • 集団活動の場ではお互いに配慮する

例えば友だちと遊んだりする場合、お互いの配慮をしましょう。

暑い場所での作業や運動は、こまめに休憩をし、活動の後には涼しい環境で安静にするなど、

体温を効果的に下げるように工夫しましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

今年の夏も猛暑と言われています。

やせ我慢せず、クーラーはしっかり使い、服装や水分補給にも注意して、

良い夏を過ごしましょう!

【関連リンク】

書いた人:リスねぇ

マイナビ2019

第二新卒・既卒の求人・転職サイト

 

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!