いつだって、子どもの味方でいたい

2016年5月15日

ece288057611e15d389de43ddbb2e25b_s

 

 

児童福祉士のお仕事はこんな仕事!

家庭環境に問題のある子どもや保護者に寄り添い、その人たちが充実した家庭環境を取り戻すためのサポートをすることが、児童福祉士の仕事です。

相談内容によって役割分担されていますが、主に、養護・教育・非行・障がいの四つにわけることができます。

これらの相談を、児童相談所で対応し、場合によっては家庭訪問をします。

そのほかにも、講演会を開いたり、地域を巡回したりすることも大切な仕事の一つです。

 こんなスキルが身につきます!

いち早く相手の気持ちを読み取り、理解する能力を身に付けることができるでしょう。

そして、優しさや思いやりの心も育まれます。

更には、些細な変化も見落とさず、その子どもが抱えている悩みを察知する能力を身に付けることもできるでしょう。

これらの能力は、大人に対しても使える能力なので、様々な面で活躍できるでしょう。

 こんな人が向いています!

子どもが好きな人に向いている仕事と言えるでしょう。

また、人の心を開くことが得意な人、よく悩み相談をされるというような人にも向いています。

更には、相手が言葉にしなくてもなんとなく気持ちを理解できるような能力がある人にも向いています。

そして何よりも、子どもを救いたいという強い気持ちを持っている人に向いている仕事です。

その上で、地方公務員試験に合格することや、児童福祉士の任用資格が必要になります。

将来はこんなステップアップもできます!

児童福祉士になるには、社会福祉士などの資格が必要になります。

そのため、児童福祉士として経験を積んで、その道のエキスパートになることも可能ですが、社会福祉士の資格を活かして老人ホームや、知的障がい者の施設などで働くといった、キャリアチェンジも可能です。

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!