【18卒必見!】電話応対マナーを学ぶと就活に有利!

2017年3月13日

どうもジャスミンです!

先日携帯電話の料金プラン見直ししてきました!

ギガモンスターデビューです(ドヤ)

しかも電話しないnoni通話し放題プラン(笑)

「見直せてない!」

そんなツッコミを期待してます!!

ところで最近電話対応が苦手な就活生が多いとYahoo!ニュースで読みました。

わかる~!ジャスミンも苦手ですが何とかごまかしてます(爆)

そこで!今回はジャスミンが正しい電話対応方法を伝授します!

そもそも何故電話応対が苦手なの?

現在就活を頑張っている皆さんはだいたい1995年~1996年生まれですね!

もう生まれたときには携帯電話が普及し、使いだすころにはSNS利用者拡大の真っ只中。

皆さんもLINEやTwitter、Facebookでお友達と連絡を取り合うことが多いのではないでしょうか!

そうです!電話で連絡を取り合う時代に育ってないのです!

就活で初めて「知らない人との電話」を経験する方が多いです。

もちろんバイト等で経験がある方も多いとは思いますが、自分の就職がかかっている大事な電話だと思うと緊張もしますよね。

このような背景から電話対応が苦手(慣れてない)就活生が多く、実際企業側も困惑しているようです。

電話対応は採用に大きく影響します!!

慣れてない電話対応ですが、実はここも採用のポイントとして企業は見ています。

「さすがに電話対応が全然できないのは困る」

「電話の応対はチェックする」

実際に採用担当者はこう言っているそうです。

現在の就活生にとって電話対応は大きなハードルになっているようですね。

でも大丈夫です!そんな悩みをジャスミンが解決します!

正しい電話の『かけ方・受け方』

まずは電話をかけるときも受けるときも準備をしましょう!

◆深呼吸する

◆メモとペンの用意

そして元気よく以下に気を付けて話しましょう!

◆適度な声量で元気よくハキハキしゃべる

◆早口にならない

◆正しい敬語を使う

◆重要事項はメモをとり必ず復唱する

◆切るときは必ず相手が切ったのを確認してから自分が切る

※もし企業側がなかなか切らなければ自分から切ってもOK。大切なのは時間をおくこと!

◆電話担当者の名前はメモっておく

【自分からかけるとき】

まずは誰が出てもここ基本!

「お忙しい所恐れ入ります」

「私(わたくし)〇〇大学の〇〇と申します」

「〇〇の件でお電話致しました」

Case1:担当者本人が電話に出た場合

「ただいまお時間はよろしいでしょうか」

Case2:◎担当者以外が電話に出た場合

「恐れ入りますが〇〇担当の〇〇様はお手すきでしょうか。」

→不在だった場合

「〇〇様は何時頃お戻りでしょうか」

「また〇時にお電話させていただきます」

要件が終わったら・・・

「お忙しい所ありがとうございました」

「失礼致します」

【電話を受けるとき】

「はい、〇〇です」

「こんにちは」もしくは「お世話になっております」

要件が終わったら・・・

「お忙しい所お電話頂きありがとうございました」

「失礼致します」

【NGワード】

◆もしもし

「申す申す」の略語です。ビジネスシーンではNGです!

◆了解しました

了解は主に部下に対して使う言葉です!「かしこまりました」を使いましょう

◆課長様(役職名+様)

「課長」等役職名はすでに敬称が込められています。「〇〇課長」もしくは「課長の〇〇様」と言いましょう!

最後に

そもそも知らない番号からの着信って怖いですよね。あと非通知も。

番号が出ていたらネットで調べられますが、非通知だと調べようがありません。

ただ企業側も意図せず非通知になっている場合も多い様なので、就活期間中は勇気をもって電話に出ましょう!!

これで皆さんの電話応対はバッチリです!!

ぶっつけ本番だと失敗する可能性がありますので、友達や家族と電話応対シミュレーションを繰り返し行いましょう!!

また、不安であれば先に要件を紙に書き出しておくといいと思います。

あれもこれも大変な事ばかりですが、これぞ社会人です(笑)

皆さんは社会人としての第一歩を踏み出してるんです!!

大丈夫!!自信を持っていきましょう!!

就職BASEスタッフ一同、応援しております!!

就職BASE

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!