【18卒必見】ヤバっ!て焦らない就活のコツ!

2017年3月8日

はじめまして。

2017就活生の並野と申します。

就職活動ではついつい焦ってしまう場面がありますよね。

焦りによる緊張、集中力の低下等は筆記試験や面接を思った通りに進められない原因の一つとなってしまいます。

私も本当にそういった焦りに悩みました。

せっかく頑張った試験・面接対策を

無駄にしないためにも、

就活生が実際に経験した

「焦ってしまう場面」と「焦りの対処方法」

を簡潔に4点、お伝えしたいと思います。

よろしければ参考にしてくださいね!

1.ヤバッ!集合時間に間に合わないかもー!

でも大丈夫!地図アプリの罠に気をつけよう!

試験会場や面接会場に初めて行く場合、

場所が分からずに焦ってしまうことは実際に多々あります。

そこで、スマホの地図アプリを使えば大丈夫!

と思って最寄りの駅から会場までの移動時間を検索結果の通りに設定すると、迷った場合に時間の余裕がなくなってしまいます。

場所が都内などの場合、迷う想定時間も最初からいれておきましょう。

集合時間ギリギリに到着できたとしても、心の準備ができていないと事前に準備していた内容もつい忘れてしまいがちです。

試験・面接を最高のパフォーマンス発揮のために、移動時間は十分に!

天候が雨の場合は足元が悪く、電車も遅延しやすいため、さらに時間に余裕を持つ必要もあります。

前日の天気予報チェックも忘れずに!

2.ヤバッ!周りの人が全員賢そう…

集合面接や面接の待合室で他の就活生と顔を合わせると、全ての人たちが自分よりも賢そうに見えて、ついつい焦りが生まれてしまいます。

面接での質問への回答、待合室での会話を聞いているとさらに焦ってしまう…。

他の就活生に対抗した嘘を織り交ぜた回答、自信を無くした回答をすると面接官にはすぐに悟られてしまいます。

でも大丈夫!隣の芝生は別にすごくない!

面接に挑む全員がしっかり対策を立てていますが、それはあなたも同じです。

別に焦ったり無理に対抗する必要はありません。

深呼吸をしながらまず落ち着いてから、事前に準備できる回答は変えないこと、

その場で考えなければならない質問にも堂々とした態度で答えることを心掛けてください。

オドオドしたり取り繕ってる様子を面接官に悟られるよりも、

次第に緊張や焦りは消えて面接そのものや、他の就活生との交流を楽しめるようになるでしょう。

3.ヤバッ!友達が内定を貰い始めている…。

採用スケジュールは業界や企業によって大きく異なるものですよね。

そんなとき、友人と会って話すことは就職活動による不安や緊張を和らげる一方で、

採用フローの進度や内定獲得といった話題が出ることで焦燥感に駆られることがあります。

でも大丈夫!就活は早く内定を出すゲームじゃない!

採用活動の開始は企業によって開きが出ます。

その点を踏まえ、改めて志望している業界・企業の採用スケジュールを整理してみましょう。

そうすれば、ムダに友人と自分を比べて焦ってしまうことは少なくなります。

自分は自分、友人は友人、と自らの就職活動に専念しましょう。

4.ヤバッ!質問の主旨がわからなかった!

面接を受けていると、きちんと聞いていても質問の意図や主旨がよくわからない、ということがあります。

焦って質問を理解できていない、論点がずれた回答をするとマイナスとなってしまいます。

でも大丈夫!もう一回聞けばいいだけ!

意図や主旨がわからなかった場合は、素直にもう一度質問をお願いしましょう。

面接官は、就活生が緊張していることを理解しています。快く質問を繰り返してくださるでしょう。

ただし、一度の面接で質問を何度も繰り返していただくことは、集中力が欠けていると判断されてしまいます。

多くても二回に抑えるよう、質問を一つひとつ噛み砕いて聞くよう努力しましょう。

以上が就職活動中よく遭遇する焦りの場面です。

活動期間中は不慣れなことを続けるためにストレスが溜まりやすくなっています。

焦りがストレスにならないよう、ここに挙げた対処法が皆さんの助けになることを願います。

焦らずじっくり自分と向き合って、

就活がんばりましょうね!

就職BASE

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!