スムーズに転職するため、後悔しないための転職をする際のポイント。

2016年7月29日

※この記事は、過去の記事の再掲載です。

-shared-img-thumb-OOK3S0220140503105543_TP_V

 

 

どのような仕事であっても、辞めたい、転職したい、と感じる瞬間はあるものです。

そこで、転職をする時に気を付けておくべきポイントについていくつかご紹介します。

 

本当に転職したい?

まず、転職したい気持ちが本物か確かめましょう。

一時の感情で転職を決めたことに後で気がついても遅いのです。

本物か確かめる方法として、誰かに話してみるということがあげられます。

誰かに話すと客観的な意見をもらえたり、自分の気持ちを声に出してみることで自分の気持ちを整理できたりします。

 

まずは登録!登録ぅ〜!

そして、本物だとわかったら、早速転職活動開始です。

まずはどこかの転職サイトに登録してみることをおすすめします。

無料でできる上に、登録しないと得られない情報を得られたり、サイトによってはコンサルタントさんがついてくれて相談にのってくれたりもします。

転職活動を始めてみると、自分が本当に求めている仕事が少しずつ見えてきますよ。

そしてここで気を付けるべきポイントが、転職が決まるまでは今の職場に話さないことです。

転職活動は予想以上に時間がかかるものなので、早めに話すと、「まだ決まらないのか…。」と周りから思われて恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

 

転職理由は?

転職活動を始めたら、面接で必ずと言って良いほど、転職の理由を聞かれます。

その際のポイントとしては、必ずしも本当の理由を話さないということです。

例えば、人間関係が原因で転職をするという人は多いと思います。

しかしそのことをそのまま話してしまってはいけません。

「この人は、人間関係がうまくいかないと仕事を辞めてしまう人なのか。」と思われてしまうためです。

つまり、雇っても辞められてしまうかもしれないと思われれば、採用されないわけです。

「もっと自分らしく働きたいから。」「自分のやりたい仕事はこれではないと思ったから。」など、前向きで、雇いたいと思われるような理由にしましょう。

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!