新卒で就職活動をした時の体験談

2016年5月7日

-shared-img-thumb-YUKA862_hisyoumun15210248_TP_V

今の仕事はこんな仕事

現在は介護福祉士として、10年間、特別養護老人ホームで働いています。

介護福祉士と介護支援専門員の資格があります。

仕事はとくに排泄、入浴食事介助が中心で、シーツ交換・行事・ボランティアの活動支援・利用者さんとのコミュニケーション・買い物など生活全般の介護をしています。

生活ですからどこの分野もとりいれることができます。

会議なども多数あります。かなり忙しいと思います。

仕事をしている中で、楽しいことつらいこと

楽しいことは、利用者さんが困っていることを解決できたり、また利用者さんの希望を実現できたときに笑顔をみせてくれることです。

つらいところは、やはり利用者さんが亡くなるところです。

こればかりは仕方がないと割り切っています。

後は認知症の徘徊です。

特に転倒してしまう方がいますと、かなり神経をつかうと思います。

また肉体労働ですので、腰を悪くしてしまうのがつらいところです。

就活をした時に実践していた就活方法

就職活動は大学生の4年生の途中から行いました。

単位がとれてなくて大学4年生から就職活動しました。

どうやっていたかはハローワークにいってどんな情報があるか調べたり、ハローワークの職員に相談しました。

あとは求人誌をみて就職活動をしました。

大学にいると広告が貼ってあったので求人内容が自分とあっているかどうかの確認もしていきました。

ネットは当時ありましたがほとんど使用しなかったです。

周りはインターネットを活用していました。

就活の失敗談・就活の成功談

就職活動の失敗談は、自己分析ができてなくて就職活動をしてしまったことです。

何を自分がやりたいかわからないままに適当に就職活動をして面接をうけていきました。

面接では明確な動機がないからと落とされてばかりでした。

就職活動の成功談は自分のやりたいことを分析していき面接にのぞんだことだと思います。

面接のマニュアルはなく、自分で考えて質問内容にこたえていきました。

実はマニュアル通りよりも自分の言葉が大切とわかりました。

新卒就活中の学生にメッセージ

就職活動中の方は、やはり自分のやりたいことを仕事にすることをおすすめします。

お金も確かに大切ですが、お金と自分のやりたいことが一致したら内定をもらえるように頑張ることです。

面接はマニュアル通りおこなうのではなく、自分の言葉でこたえてください。

みんなとおなじことを答えても面接感の心はうちません。

しっかりと自分の強みをつたえること。

また弱みもしっかりと答えて修正しますと答えてください。

特に強みをアピールしたほうがいいかもしれません。

就職BASE所在地

〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目40−1 第2愛興ビル

JR京浜東北線・JR武蔵野線 南浦和駅から徒歩4分

埼玉・東京の就活に悩む若者の就活拠点!

埼玉県内の大学を中心に「就活に勝つ」セミナー開催中!